国友永康堂の 霊芝胞子粉
霊芝胞子粉商品のご案内 霊芝胞子粉 取扱い販売店 お買い求めはこちら お問合せはこちらから

中国語のホームページはこちら

破壁技術と「霊芝胞子粉」

霊芝は2000年以上前から希少食材として愛用されてきましたが、「霊芝胞子粉」が製品化されたのは実に15年ほど前という極めて最近のことなのです。なぜ最古のキノコにも関わらず胞子部分は最近になって使われ始めたのでしょうか。それは決して胞子部分に害があったわけでも、有効成分が含まれていないわけでもありません。2つの大きな理由があったのです。

霊芝胞子の培養機
霊芝胞子の培養機−胞子を活性化させるとともに、生きた胞子だけを選別する役目も果たします。

次の工程

まず1つは胞子の採取が困難であった点が挙げられます。霊芝は毎年8月に大量の胞子を付着させますが、大自然に野ざらしの状態では風で胞子が吹き飛ばされてしまい、効率よく採取をすることができません。特に野生の霊芝は発見するタイミングと胞子を付けるタイミングが合わない限り胞子を採取することは困難でした。

霊芝胞子粉の精製機
霊芝胞子粉の精製機−霊芝胞子を1粒1粒綺麗に磨きます。ここで完全に無菌状態を作り安全性を確かなものにします。

次の工程

霊芝が栄養豊かな安定した環境で栽培できるようになったのは20世紀に入ってからです。技術の発達とともに霊芝専用の栽培施設をつくって、成分の安定した良質の霊芝を大量に栽培することができるようになりました。そして胞子を付着する直前に薄い紙をかぶせて、霊芝の発育に影響がない方法で胞子を取り出せるようになったのは霊芝の長い歴史の上では極めて最近のことなのです。

破壁機
破壁機−霊芝胞子を覆う二重の堅い殻を、中の胞子を傷つけないように破壁します。霊芝胞子粉が究極食材に生まれ変わるかどうかはこの技術力にかかっています。

次の工程

そして今まで霊芝胞子粉が使われなかったもう1つの理由は霊芝胞子は二重の堅い殻に覆われているため、胞子のまま飲まれてもそのまま排出されてしまうという点です。そのためこの二重の堅い殻を壊す(=「破壁」と言います)工程が必要となりますが、ただ単に力で粉砕をしたのでは胞子の中の有効成分が破壊されてしまいます。

殻落とし機
殻落とし機−破壁した霊芝胞子粉に残った殻を落とします。これで生きた胞子のみ取り出された状態となります。

次の工程

有効成分を活かしたまま破壁をする技術が発達したのは1990年代に入ってからです。細かい波動を与えて殻をゆっくりと剥がしていき、中身を損ねずに、さらに常温のままで殻を割ることができるようになりました。破壁機の完成までには様々な試行錯誤が繰り返されており、「霊芝胞子粉」の歴史は破壁技術の歴史と言っても良いでしょう。

破壁率測定器
破壁率測定器−破壁率98%以上を製品化の条件としているため厳しく破壁率を測定します。中の成分を損ねずに破壁をするためには100%ではなく98%が最適とされています。

次の工程

「霊芝胞子粉」が製品化される以前には、「霊芝胞子油」といって圧搾法によって採油した製品も流通していましたが、破壁機の完成によって「霊芝胞子をそのまま体内に取り入れることができるようになり、油特有の酸化の心配も解決させることができました。

パッケージ機
パッケージ機−二重にコートされた特殊な小袋に1グラムずつパッケージしていきます。炭酸ガスをすべて抜くため保存料や農薬を一切必要としない保存を実現させます。

次の工程

「霊芝胞子粉」が古い文献に記載されていない理由、そして江戸時代から変化の少ない日本のキノコ系健康食品業界で取扱いが少ない理由がこのことから知ることができます。

小袋製造機
小袋製造機−霊芝胞子粉の袋が開けにくいのは二重にパッケージされているためです。使用感よりも品質維持を最優先しています。

トップページへ戻る

Copyright© Island Avenue Corporation Ltd. All Rights Reserved.